ご挨拶

 行政書士の千代川と申します。

 

 建設会社の経理総務の職に就いていた経験を活かし、建設業許可の業務を中心に経営全般のアドバイスをさせていただいております。

 

 最近特に感じることは、細かいアドバイスが必要なことが以外と多いということです。

 

 建設業の許可の更新において、登記簿上で社長業の5年を満たしているから、前任者をすぐに辞任させても全く問題がないと思っていませんでしたか。登記簿で5年の経営経験を証明できても、完全とは言えない場合もあるのです。

 

 事前に一言相談していただければ、回避できる問題もあります。事業を成功させ、継続させるためには貴重なアドバイスが欠かせません。

 

 新しく設立した企業の代表者や新規に事業を始められた事業主の方には、細かいところですが、給与の締め日と支払日の決め方しだいでは、資金繰りに影響することまで考えて決めていただきたいと思います。給与の支払い金額は、資金繰りでは一番重たいことを思い出してください。

 

 高齢化社会を迎えて、福祉タクシーの許可申請の依頼も増えております。これからは、成年後見制度を利用される方も増えることでしょう。

 

 日々変わる経済・社会の環境や法律改正の動向に目を光らせて、最高のアドバイスができるように、精進していきたいと思います。

 

プロフィール

東京大学大学院工学系 修了

 

大手化学メーカー勤務の後、建築会社で営業をはじめとして、総務・経理部門を担当する。

 

行政書士の他に、宅建、建設業経理事務士、CRM(リスクマネージャー)等の資格を持つゼネラルアドバイザー。

 

2007年から約1年間にわたり、ラジオNIKKEIの情報番組『なるほど資産活用』のコメンテイターとして活躍する。